歴史好きの親から相続した貴重な骨董品

私の親は戦国時代に関する映画やドラマや小説が好きな人でした。そんな親から大阪付近の不動産相続でお悩みなら相続した遺産は骨董品の武具です。武具は戦国時代など激動の歴史に興味がある人に人気がある骨董品です。私は武具の知識が無かったのですが、鑑定してもらったところ非常に珍しいものだとわかりました。親族の中にはオークションなどで売ったほうがいいという人がいました。確かに武具に興味がない私が相続してずっと保存しておくよりも武具に詳しい人が所有したほうがいいのかもしれないです。しかし、歴史が好きな親が昔から非常に大事にしていたものなので値段が高くても誰にも譲る気はないです。私はなぜ親が武具が好きなのか分からなかったのですが、親から相続した武具を鑑賞していると理由が分かった気がします。武具は戦いの時に命を守るために使われるものや、戦っている相手を攻撃するために使われるものなので非常に迫力があります。素晴らしい武具を相続できて得しました。